骨盤勉強会アイキャッチ

骨盤勉強会

骨盤革命

定期的に整体や手技について勉強会を実施している

大和市中央林間・横浜市藤が丘にあるひかり整骨院グループの総院長の萩原先生が主催した骨盤についての勉強会に参加してしてきました!

総院長の萩原先生は大学の教授にもアドバイスを行う程の、凄腕の持ち主!!

ひかり整骨院はどちらも地域最大級の日本一愛される整骨院です♡

一緒にセミナーに出かけたり、食事をしたりと公私ともに仲良くさせて頂いている先生です。

今日のお題は『骨盤革命』

骨盤の構造・機能について、そして効果的なヘルスケアについて勉強をしてきました!

一部ご紹介させて頂きます!

骨盤勉強会

骨盤の 構造と機能

骨盤を理解するために注目すべき重要事項はこの二つ

構造・・・支える為に存在する物としての骨盤

機能・・・身体が動く時に機能する骨盤

骨盤と構造

骨盤は上半身を支える土台です。

骨盤が傾いているとその上にある背骨・頭・腕は全て傾きます。

構造物・建築物だとすると土台が傾けばその上に乗っかているものは崩れ落ちてしまいます。

人間の身体は土台が傾いていても倒れないのはなぜ??

下矢印

人間の身体は倒れないように筋肉が働いているからです!

しかし

傾いている身体を重力にそってまっすぐにキープしておくには

筋肉を使い続けなければなりません!

一日中身体の歪みをなおしている筋肉は疲れきって、硬くなってしまいます!

それが

多くの場合、腰痛・首・肩こりなどの筋肉のこり・痛みの原因になっていると考えられます。

このように身体を構造物だととらえると凄く分かりやすく骨盤を理解する事が出来ます!

骨盤

背骨は骨盤に対して必ず直角に伸びていきます。

骨盤が傾けば必ず背骨は曲がります。

逆に

骨盤の傾きがなく整体な状態であれば

背骨・さらにその上の頭はまっすぐに何の負荷もなく支える事が出来ます!!

以上のように身体を支える上で一番重要な土台は骨盤と言う事になります。

骨盤と機能

歩く・座る・立つ、などの身体を動かす時には骨盤が動いています。

こういった動作を骨盤を動かさずにするという事はほぼ不可能です。

従って骨盤は動かなければなりません!

仙腸関節などが柔軟性のある動く骨盤を持つ事が

普段の生活を快適に過ごす重要なカギとなってきます。

もうひとつ

骨盤は開く・閉じるという機能もあります。

正しい時に開き

正しい時に閉じる

この機能が正常なサイクルで働いている状態が骨盤にとってベストな状態です。

 理想の周期とは!?

閉じている時期・・・

朝、排卵、排泄、交感神経が優位(活動期)太陽


開いている時期・・・

夜、生理、副交感神経が優位(休息期)月


ということで

骨盤は良く言われる

『閉じている方が良い』『閉じたい』

というような情報があったり、自身で言っている方がいらっしゃいますが

骨盤が閉じている状態がずっと続いてしまい、交感神経が優位な状態が続いてしまうと・・・

食欲不振、不眠、イライラ、疲れやすい

など危険な状態が続いてしまいます。

ということで

骨盤の正しい状態とは

開く時に開いて、閉じる時に閉じる

という事になり、こういった状態でいることが人間としての正しい状態でいられる事になります。

人間の身体がなぜ異常をきたすのか?

単純にいうと

使い過ぎ

そして

使わな過ぎ

です。

人間の身体は極端な事を嫌います。

閉めれば良い、緩めれば良い

というものではなく

両方が必要です!

適度に動いて、適度に休むことが重要です。

身体の使い方も、いつも右足を組んでいる・いつも右腕で鞄を持つ、など同じ使い方をし続けているのを身体は嫌います。

このように普段の生活習慣でも偏った事を気にしてあげる事でバランスの取れた良い状態の身体に近づけて行く事が出来ます!

追伸

以上が今回の勉強会の一部レポートです!

少し専門的なお話かも知れませんが

こういった自分の身体について正しい知識を身につけることで

普段の生活が快適に・楽しくなる事と思います。

良い生活習慣を身につけ、続ける事で

小さな事でも毎日の積み重ねで半年後、数年後、数十年後にはすごく良い変化を感じられることと思います。

骨盤勉強会2

当院でも常に最新の情報を勉強し、正しい知識を身につけ患者様に還元出来るよう努力して参ります。

定期的な勉強会のレポートはまた報告させていただきます!

楽しみにしていてくださ〜い♪(*^O^*)/